環境&肌に優しい粉せっけん新装 県立大生・恒松さんデザイン /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たなデザインとなった「釜たき粉せっけん」を持つ恒松詩南さん=滋賀県草津市の草津川跡地公園de愛ひろばで
新たなデザインとなった「釜たき粉せっけん」を持つ恒松詩南さん=滋賀県草津市の草津川跡地公園de愛ひろばで

 NPO法人「愛のまちエコ倶楽部(くらぶ)」が40年間作り続けてきた環境に優しい粉せっけんが県立大生のデザインで生まれ変わった。草津川跡地公園de愛ひろば(草津市大路2)で開かれているファーマーズマーケットで23日、新発売された。

 粉せっけんは1970年代の琵琶湖のせっけん運動を受けて、愛東町(現東近江市)の主婦たちが81年から、家庭や学校から回収した廃食油から作っていたもの。環境負荷が少…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

ニュース特集