連載

河内厚郎の文化回廊

毎日新聞デジタルの「河内厚郎の文化回廊」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

河内厚郎の文化回廊

脳卒中との闘い/3 この感性はホンモノか? /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 脳に障害が起こると、自分自身に対し疑心暗鬼となる。カトリーヌ・アルレー(1924~)の恐怖ミステリー小説さながら、己の感性も信用できなくなる。あんなに好きだった猫が今では気味悪い。

 脳の後遺症のなかでいちばん辛かったのは体の麻痺(まひ)ではなく、自分の頭が自分のものではないような感覚に陥ること。いろんな記憶が錯綜(さくそう)し不意に出てきて、どの出来事が先だったか後だったかが分からなくなると、脳梗塞(こうそく)や脳出血で苦しんだ人が言っている。集中しようとすればするほど思考がとりとめなく混乱するとも。

 くも膜下出血から生還した作家の伊集院静氏いわく、脳の病を患うことがこんなに大変だとは思わなかった、記憶をよみがえらせる装置が鈍くなり、何でもないことが思い出せなくなる。事故に遭って後遺症に苦しんだ北野武に「辛抱だよ、あせっちゃ駄目だよ、急に立ち上がるみたいにシャッシャッシャって繋がっていくよ」と言われたそうだが、どんな言葉も初めて聞いたように感じられたりするから、あらゆる語彙(ごい)を新しい意味…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文781文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集