交通遺児の支援に 製薬会社、大和高田市へ寄付金 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
従業員から募った寄付金を堀内大造市長(右)に手渡す大峰堂薬品工業の辻将央社長=奈良県大和高田市役所で、稲生陽撮影
従業員から募った寄付金を堀内大造市長(右)に手渡す大峰堂薬品工業の辻将央社長=奈良県大和高田市役所で、稲生陽撮影

 交通事故で親を亡くした遺児を支援し、交通安全施策にも役立てたいと、大和高田市の漢方薬メーカー「大峰堂薬品工業」が21日、従業員から募った約68万円を市に寄付した。2007年から毎年続けている。今年は従業員の95%を超える210人が協力。市は遺児の就学援助や、電柱に交通安全表示を掲示する施策などに寄…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

あわせて読みたい

ニュース特集