リオ麻薬組織、掃討へ ヘリ・装甲車、警察大作戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジャカレジーニョのファベーラを制圧する警察官=ブラジルのリオデジャネイロで19日、AP
ジャカレジーニョのファベーラを制圧する警察官=ブラジルのリオデジャネイロで19日、AP

 南米ブラジルの第2の都市リオデジャネイロで19日、地元警察が警官約1300人を動員し、「ファベーラ」と呼ばれるスラム街2カ所を制圧した。犯罪組織などの壊滅を目指した大規模な掃討作戦の一環。リオ州のカストロ知事は22日、総額5億レアル(約104億円)を投じて地域の治安回復と発展を目指す方針を表明した。

 地元メディアによると、警官隊は麻薬組織が拠点とするジャカレジーニョ地区と、民兵組織が影響力を持つムゼマ地区を急襲。警官らは装甲車で地区内を移動し、上空にはヘリコプターも配備された。逃亡中の銀行強盗容疑者を含む30人以上を拘束したという。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文828文字)

あわせて読みたい

ニュース特集