連載

永遠と横道世之介

「横道世之介」シリーズの第3作で、本編の完結編。38歳になり、フリーのカメラマンとして暮らしている世之介の日常がつづられる。

連載一覧

永遠と横道世之介

/67 吉田修一 写真・王秉蒼

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 
 

 一歩は泥だらけのおばあちゃんの顔を、自分のシャツで拭いてやると、

「痛いですか?」と聞いたという。

「捻挫したみたいなんだけど、それより寒いのよ」

 とおばあちゃんが答える。

 一歩は自分が着ていたダンガリーシャツを脱いで、お姫様抱っこしたおばあちゃんにかけると、「救急車呼びますか? 家に行きますか?」とぶっきらぼうに尋ね、「とりあえず、家に連れてって」と、頼むおばあちゃんを自宅の居間まで運んであげたらしい。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文784文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集