特集

第71期王将戦

第71期王将戦は藤井聡太竜王が渡辺明王将に4連勝し、王将位を奪取、史上最年少の5冠を達成。棋譜詳報は棋譜・対局結果にて。

特集一覧

第71期ALSOK杯王将戦

第2局 藤井、厳しく攻め連勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
感想戦で対局を振り返る藤井聡太竜王=大阪府高槻市の山水館で23日、大西達也撮影
感想戦で対局を振り返る藤井聡太竜王=大阪府高槻市の山水館で23日、大西達也撮影

 大阪府高槻市の温泉旅館「山水館」で22日から繰り広げられた第71期ALSOK杯王将戦七番勝負第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、高槻市など共催、ALSOK特別協賛、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス、森永製菓協賛)は23日午後4時15分、挑戦者の藤井聡太竜王(19)が98手で渡辺明王将(37)を降し、開幕戦に続き連勝した。残り時間は渡辺1時間5分、藤井1時間19分。第3局は29、30の両日、栃木県大田原市の「ホテル花月」で指される。

 角換わりの相早繰り銀戦となった本局。1日目から激しい展開になり、藤井の封じ手は攻めを継続する「3五銀」だった。予想されていた本命の一手。時間をかけずに渡辺が馬を、藤井が飛車を取り合った。直後に渡辺は狙い筋の4四歩と打って相手の玉頭に迫り、2筋にも手をつける。しかし藤井は渡辺の2二歩(65手目)を相手にせず、7九飛と王手。渡辺は取った角を合駒に使って辛抱したが、藤井の厳しい攻めが続き、形勢は藤井の…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文1018文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集