特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

厚労省がヤングケアラー啓発シンポ 30日、元体験者が語る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で2015年10月14日午前9時6分、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で2015年10月14日午前9時6分、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は30日、「ヤングケアラーについて理解を深めるシンポジウム」をオンラインで開く。ヤングケアラーは、大人が担うと想定される家事や家族の世話をしている子どもを意味する。国はヤングケアラーへの支援を政策課題に挙げており、社会の関心を高めるためにシンポを企画した。

 シンポは、ヤングケアラーを研究する成蹊大の渋谷智子教授の基調講演に続き、母のケ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集