特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

同居の濃厚接触者は検査なしで診断可能 自治体判断で、厚労省方針

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
後藤茂之厚生労働相
後藤茂之厚生労働相

 後藤茂之厚生労働相は24日、新型コロナウイルスの感染が拡大して受診や検査に時間を要する地域では、同居している家族などの濃厚接触者で発熱などの症状が出た場合、医師の判断で検査をしなくても新型コロナの感染を診断できるとの方針を示した。変異株「オミクロン株」の感染急拡大で外来診療で逼迫(ひっぱく)が進んでいることへの対応。自治体の判断で可能になる。重症化リスクが低い人は、症状があったら受診前に抗原定性検査キットで検査するようにも呼びかける。

 厚労省は重症化リスクが低い人として「40歳未満で基礎疾患などがなく、ワクチン2回接種済み」と例示。ただ、リスクが低いとされる人でも、本人が希望した場合は検査前に受診できる。電話やオンラインでの遠隔診療も積極的に活用するよう求める。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文673文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集