特集

第71期王将戦

第71期王将戦は藤井聡太竜王が渡辺明王将に4連勝し、王将位を奪取、史上最年少の5冠を達成。棋譜詳報は棋譜・対局結果にて。

特集一覧

藤井竜王 「はにたん」と「対局」 王将戦・勝者の記念撮影

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
王将戦第2局から一夜明け、大阪府高槻市のマスコットキャラクター「はにたん」と今城塚古墳公園で「対局」する藤井聡太竜王=2022年1月24日、スポニチ提供
王将戦第2局から一夜明け、大阪府高槻市のマスコットキャラクター「はにたん」と今城塚古墳公園で「対局」する藤井聡太竜王=2022年1月24日、スポニチ提供

 大阪府高槻市で指された第71期ALSOK杯王将戦七番勝負の第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、高槻市など共催、ALSOK特別協賛、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス、森永製菓協賛)で2勝目を挙げた藤井聡太竜王(19)が、対局翌日の24日、スポーツニッポン紙で恒例の「勝者の記念撮影」に臨んだ。

 「勝者の記念撮影」は対局終了後、勝った棋士が地元の名所や特産品、ゆるキャラなどの観光資源をアピールする姿で写真を撮り、開催地への感謝を伝える恒例行事。写真はスポーツニッポン紙を大きく飾り、将棋ファンや地元の人たちを喜ばせている。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文457文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集