連載

いばらき魅力見つけ隊

記者が探した茨城の魅力を紹介します。

連載一覧

いばらき魅力見つけ隊

桜川・はにわの西浦 古代にいざなう像ずらり /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多数の埴輪が並ぶ敷地内=茨城県桜川市真壁町東山田で
多数の埴輪が並ぶ敷地内=茨城県桜川市真壁町東山田で

 つくば市との境界にほど近い桜川市の県道沿いに、数々の大きな人物像が並んでいた。よろいをまとった武人や、笠をかぶった農夫――。見た目は、まさしく古墳時代に作られた土製品「埴輪(はにわ)」だ。令和の時代でも「埴輪」の製造販売にこだわる「はにわの西浦」を訪れた。

 敷地内には、さらに驚きの光景が広がっていた。高さ約3メートルもある巨大な埴輪が複数そびえ立ち、つけられた値段は200万円。2階建ての店内も、大量の埴輪が各階を埋め尽くす。「1000点以上はあるのでは」と店主の山中誠さん(58)。2時間ほど、ひたすら埴輪を眺め続ける人もいるという。

 店の正式な屋号は「西浦製陶」。同店での埴輪作りの始まりは、先代にあたる父征一さんにさかのぼる。当初は植木鉢を作っていたが、需要が下火になるのに合わせ、1988年に埴輪の店をオープンさせた。「父は埴輪が好きだったんです。好きな物を作って売れたらいいなあと思ったのでは」

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文953文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集