特集

阪神大震災

1995年1月17日に発生した阪神大震災。戦後初の大都市直下型地震が残した教訓・課題は今――。

特集一覧

阪神大震災

これからの「共助」模索 高齢化・コロナ…防災活動先細り /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高齢者のグループで災害時に情報共有するため、無料通信アプリLINEの使い方を確認し合う新井忠吉さん(中央)ら=神戸市北区で、共同
高齢者のグループで災害時に情報共有するため、無料通信アプリLINEの使い方を確認し合う新井忠吉さん(中央)ら=神戸市北区で、共同

 阪神大震災では建物の倒壊や火災が多発して警察、消防など公的機関の救助が追いつかず、家族や地域住民らによる「共助」の重要性が浮き彫りになった。神戸市では住民主体の防災組織が整備され先進事例となったが、近年は担い手の高齢化が進み、新型コロナウイルス禍で活動も制限。識者は「社会の変化に応じて共助の形を模索する必要がある」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1169文字)

【阪神大震災】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集