国交省統計書き換え、首相「過去数字の復元急ぐ」 衆院予算委で釈明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の階猛氏の質問に答えるため挙手する岸田文雄首相(手前右)=国会内で2022年1月25日午前9時11分、前田梨里子撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の階猛氏の質問に答えるため挙手する岸田文雄首相(手前右)=国会内で2022年1月25日午前9時11分、前田梨里子撮影

 岸田文雄首相は25日の衆院予算委員会で、国の基幹統計「建設工事受注動態統計」の数字を国土交通省が無断で書き換えて二重計上した影響を明らかにするため、過去の統計の復元を急ぐ考えを示した。

 立憲民主党の階猛氏は、岸田首相が昨年12月の臨時国会で2020年1月から数字の「修正、改善を行った」と答弁していたことを踏まえ、「首相が改善されたと言った20年以降も上振れがあったのではないか」などと質問。第三者委員会が今年1月にまとめた報告書は、国交省が20年1月以降、都道府県に書き換えの取りやめを指示する一方で本省職員が書き換えを続けてい…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

あわせて読みたい

ニュース特集