書き換え統計の復元、5月までに方策結論 国交省が初の検討会議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
検討会議の冒頭で発言する斉藤鉄夫国土交通相(右)=東京都千代田区で2022年1月25日午後6時2分、木下翔太郎撮影
検討会議の冒頭で発言する斉藤鉄夫国土交通相(右)=東京都千代田区で2022年1月25日午後6時2分、木下翔太郎撮影

 国の基幹統計「建設工事受注動態統計」を国土交通省が無断で書き換えて二重計上していた問題で、国交省は25日、書き換えられたデータを復元して過去の統計をさかのぼって改定する方策を話し合う検討会議(座長・美添泰人青山学院大名誉教授)の初会合を開いた。斉藤鉄夫国交相は「丁寧かつ慎重に、適正な数値を国民の皆…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

ニュース特集