特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

ENEOS和歌山製油所、23年10月に停止 脱炭素で需要減少

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和歌山県有田市のENEOS和歌山製油所(中央)
和歌山県有田市のENEOS和歌山製油所(中央)

 石油元売り最大手のENEOS(エネオス)は25日、和歌山製油所(和歌山県有田市)を2023年10月をめどに停止すると発表した。世界的な脱炭素の流れを背景に石油製品の需要は年々減少しており、生産設備の効率化を進める。

 和歌山製油所は東亜燃料工業時代の1941年に操業を始めた。1日当たり12万7500バレルの原油処理能力がある。ガソリン、軽油、重油のほか、衣料品やペットボトルの原料になる化学品などを製造している。

 ガソリンなどの国内需要は…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文376文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集