特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

検査なしで陽性診断可、神奈川や沖縄で新指針先取り 医療逼迫回避

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供
国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供

 新型コロナウイルスの感染急拡大で、外来診療の逼迫(ひっぱく)を避けるため厚生労働省が24日に示した方針を受け、神奈川県や沖縄県は新たな取り組みを始める。感染者の濃厚接触者などを念頭に、条件を満たせば検査せずとも陽性との診断を可能にするなどの内容だ。限りある医療資源を高齢者ら重症化リスクの高い人に回すのが狙いだ。

 厚労省の新方針では、40歳未満で基礎疾患がなく、ワクチンを2回接種済みの人は、発熱などの症状が出ても受診する前に抗原定性検査キットを使うことを求める。同居家族が感染し、濃厚接触者となった後に症状が出た場合は、医師の判断で検査せずとも陽性と見なせるようにする。いずれも感染拡大により受診まで時間がかかるようなケースを想定する。さらに外来医療が逼迫する状況では、検査キットなどで陽性になった結果を、医師…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文845文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集