諏訪之瀬島の爆発、21年は過去最多2015回 福岡管区気象台

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
噴煙が5400メートルに達した鹿児島県・諏訪之瀬島の噴火の様子=気象庁提供
噴煙が5400メートルに達した鹿児島県・諏訪之瀬島の噴火の様子=気象庁提供

 福岡管区気象台は25日、トカラ列島の諏訪之瀬島(すわのせじま)(鹿児島県十島村)の御岳(おたけ)で2021年に、02年の観測開始以来最多となる年間2015回の爆発を確認したと発表した。これまでは20年の764回が最多だったが、21年は12月の1カ月だけで769回記録した。爆発は噴火の一つで、溶岩な…

この記事は有料記事です。

残り67文字(全文217文字)

あわせて読みたい

ニュース特集