特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

認証店の酒類提供は午後8時半まで 関西3府県、まん延防止決定で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府庁=芝村侑美撮影
大阪府庁=芝村侑美撮影

 大阪、兵庫、京都の3府県は25日、それぞれ新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、27日から2月20日まで適用されるまん延防止等重点措置に伴う対策を決定した。第三者認証を受けた飲食店には、午後8時半までの酒類提供を認め、営業は午後9時までの時間短縮を要請するなど足並みをそろえた。3府県とも適用対象地域は全域とした。

 要請に応じた認証店には、売り上げに応じて1日2万5000~7万5000円の協力金を支給する。酒類を提供せず、午後8時に営業を終了した場合には、協力金を3万~10万円に増やす「選択制」も導入。認証店の希望でどちらかを選べるようにした。1卓4人以内とし、グループ全員の陰性が検査で確認できれば、制限をなしにする。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文669文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集