特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

濃厚接触した介護職員の勤務特例、沖縄以外にも拡大検討 厚労省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省が、新型コロナウイルスの濃厚接触者となった介護施設職員に関し、毎日の検査で陰性を確認するなどの条件で勤務を可能とする沖縄県だけの特例を、沖縄以外に拡大する検討を始めたことが25日分かった。後藤茂之厚労相は記者会見で「丁寧に慎重に検討していきたい」と言及。「第6波」の中でも必要な人材を確保し、高齢者のケアを継続する狙い。

 後藤氏は拡大の時期に関し、感染状況を踏まえて考える意向を示した。特例を介護以外の他の職種に広げる検討を今後行う可能性にも触れた。「社会機能の維持を考え、必要な局面が来るかもしれない。その時にはしっかり検討する」と語った。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文583文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集