東日本大震災

復興支援のご当地アイドル 「命守る防災」の力に 大川小伝承へ、石巻市に寄付 /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石巻市震災伝承推進室の水沢秀晃室長(右から2人目)に寄付の目録を手渡す「みちのく仙台ORI☆姫隊」のメンバーら=宮城県石巻市の震災遺構・大川小で2022年1月23日、百武信幸撮影
石巻市震災伝承推進室の水沢秀晃室長(右から2人目)に寄付の目録を手渡す「みちのく仙台ORI☆姫隊」のメンバーら=宮城県石巻市の震災遺構・大川小で2022年1月23日、百武信幸撮影

 石巻市の震災遺構・大川小学校の保存・伝承の充実に役立ててもらおうと、仙台を拠点に復興支援活動に取り組むご当地アイドルグループ「みちのく仙台ORI☆姫隊」が、募金活動で集めた30万円を市に寄付した。

 ORI☆姫隊は震災の年の2011年7月に被災地の少女たちで結成されたボランティアグループ。現在は小学3年生から大学4年生までの9人が所属し、復興支援イベントのほか、子ども向けの防災活動に取り組んでいる。大川小で語り部活動をする児童遺族の「二度と繰り返してほしくない」との願いに共…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

あわせて読みたい

ニュース特集