「共産と連携、衆院選敗北の一因」 立憲紛糾、総括見送り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党は25日の常任幹事会で、2021年の衆院選総括原案を議論した。共産党との連携が敗北の一因になったとする内容に「野党間の候補者一本化が否定されているように見える」などと反発が相次ぎ、了承は見送った。執行部は該当部分を修正する方針を示したが、泉健太代表と西村智奈美幹事長は総括取りまとめの一任を得られなかった。近く持ち回りの常任幹事会で了承を求める。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文536文字)

あわせて読みたい

ニュース特集