飽和市場のコンビニに新チェーン 「さくらみくら便利店」勝算は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たにオープンした「さくらみくら便利店 館林瀬戸谷店」=群馬県館林市で2022年1月20日午前10時19分、庄司哲也撮影
新たにオープンした「さくらみくら便利店 館林瀬戸谷店」=群馬県館林市で2022年1月20日午前10時19分、庄司哲也撮影

 「24時間365日営業」の利便性で拡大してきたコンビニエンスストアだが、国内には約5万6000店があり、市場は飽和状態とも指摘される。そんな中、群馬のみでチェーン展開する新たなコンビニがある。2021年に誕生した「さくらみくら便利店」だ。なぜ今、「ローカルコンビニ」なのか。

 群馬県館林市瀬戸谷町に1月20日、4店舗目となる「さくらみくら便利店 館林瀬戸谷店」がオープンした。木のぬくもりを感じさせる店内は、桜色や水色などを基調としたロゴマークのデザインで装飾され、明るい雰囲気だ。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文993文字)

あわせて読みたい

ニュース特集