特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オミクロン株に対応のワクチン、ファイザーが臨床試験を開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 米製薬大手ファイザーは25日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応するワクチンの臨床試験を始めたと発表した。安全性や免疫反応について検証する。米メディアによると、今年前半に結果が出る見通し。

 現行ワクチンでも重症化や死亡を防ぐ効果は大きく、次に現れる変異株がオミクロン株に近いものかどうか読めないため、ファイザーは新たなワクチンの必要性を見極める方針。

 臨床試験には18~55歳の1420人が参加。現行ワクチンを①未接種②2回接種③3回接種――の3グループに分け、オミクロン株に対応するワクチンを接種して結果を調べる。ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は10日、既にワクチン生産を始めたことを明らかにしていた。

 …

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文497文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集