特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

駐日ウクライナ大使「ロシア攻撃するつもりない」 外交努力継続訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見するセルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使=東京都千代田区で2022年1月26日、畠山哲郎撮影
記者会見するセルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使=東京都千代田区で2022年1月26日、畠山哲郎撮影

 ロシアによるウクライナ侵攻の脅威が高まる中、セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使(59)は26日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。ロシアとの軍事的緊張状態について大使は、「全面的な戦争になるとは極めて想定しにくいが、局地的な紛争には直面するかもしれない」と述べ、外交努力の継続を訴えた。

 大使は、ウクライナ東部の国境に極東などからもロシア軍が集結しており、「ウクライナにとって非常にやっかい」と説明。同国内には15基の原発があり、ミサイル攻撃を受ければ深刻な被害が予想され、「西欧も影響を受けるだろう」と懸念を示した。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文605文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集