鳥インフル アヒル858羽殺処分 確認の千葉から購入 かすみがうら /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
かすみがうら市の農場で消毒などの作業をする県職員ら=茨城県提供
かすみがうら市の農場で消毒などの作業をする県職員ら=茨城県提供

 県は26日、高病原性鳥インフルエンザが確認された千葉県匝瑳市の農場からひなを購入していたとして、かすみがうら市のアヒル農場のひな計858羽を殺処分したと発表した。同農場では体調不良の鳥は確認されておらず、県は感染が広がる可能性は低いとしている。

 県畜産課によると、かすみがうら市の農場は、感染が判明…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

ニュース特集