「サンキュー」に救われて 米兵との遭遇、日韓の中高生に語る 法政大名誉教授・岡田裕之さん /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日韓の中高生とオンラインで対話した岡田裕之・法政大名誉教授(左)=千代田区で
日韓の中高生とオンラインで対話した岡田裕之・法政大名誉教授(左)=千代田区で

 日本の戦没学生の遺稿などを展示する「わだつみのこえ記念館」(文京区)館長の岡田裕之・法政大名誉教授(93)が今月、日本と韓国の中高生約20人とオンラインで語り合った。戦没学生の手記などを解説したほか、自らの戦争体験として、墜落した米軍の爆撃機B29から降下して捕まった米兵の尋問役を務めた際の緊迫した様子を話した。【青島顕】

 市民講座「梨の木ピースアカデミー」の一コマで、岡田さんは8、22日の2日間参加した。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文817文字)

あわせて読みたい

ニュース特集