朝鮮王朝末期の暗殺事件舞台に 池袋で30日まで /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ある王妃の死」の1場面=豊島区で、坂本正郁さん撮影
「ある王妃の死」の1場面=豊島区で、坂本正郁さん撮影

 朝鮮王朝末期の1895年に起きた「閔妃(ミンピ)暗殺事件」に視点を当てた、劇団青年座の「ある王妃の死」が豊島区西池袋1の東京芸術劇場シアターウエストで上演されている。

 閔妃は、朝鮮王朝26代国王、高宗(コジョン)の王妃。日清戦争(1894~95年)の後、日本の影響力が強まることに危機感を抱いた朝鮮王室はロシアに接近しようとした。…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

あわせて読みたい

ニュース特集