連載

かんさい楽

毎日新聞デジタルの「かんさい楽」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

かんさい楽

足踏み式 靴下製造体験 S.Labo(奈良県広陵町)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自転車と編み機を連動させた機械「チャリックス」を体験する人=奈良県広陵町で、共同
自転車と編み機を連動させた機械「チャリックス」を体験する人=奈良県広陵町で、共同

 <見・聞・楽 かんさい楽(がく)>

 奈良県広陵町の靴下メーカー「創喜」が、自転車をこいで靴下を編める機械を作り、自社の敷地内に体験施設「S.Labo(エスラボ)」を開いた。同町は「日本一の産地」と呼ばれるが、国内シェアは安価な海外製品に奪われている。社長の出張(でばり)耕平さん(42)は「ここでの遊びを通じて地場産業の現状を知ってほしい。奈良靴下のファンを増やすきっかけにもなるはず」と話す。

 2021年12月に創喜が靴下の直接販売所を兼ねてオープンさせたエスラボで、自転車と編み機を連動させ「チャリックス」と名付けられた機械が目を引く。サドルにまたがりペダルを踏んで回すと、編み機に動力が伝わり、糸がゆっくりと引き込まれる。こぎ続けると、10分ほどで厚手の1足分が出来上がり。「初めて見る人に『靴下を編む機械です』と紹介すると、驚かれるんですよ」と出張さんは笑う。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文1005文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集