新型コロナ 外出自粛を要請 知事「感染爆発の手前」 米子・境港 /鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県と鳥取市は26日、新たに158人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの発表数の過去最多を2日連続で更新した。保健所管内別に鳥取市15人、倉吉23人、米子120人。平井伸治知事は県西部が「感染爆発の手前だ」として、新型インフルエンザ等対策特措法に基づき、米子・境港両市では27日から2月9日まで、通勤や通院、生活必需品の買い出しを除く不要不急の外出自粛を要請する。

 企業にも在宅勤務など接触を減らす取り組みを求める。両市の学校には感染状況に応じて行事停止や休校を求め、部活動とスポーツ少年団活動は当面中止とする。県の東部・中部在住者には両市との往来を控えるよう求める。県による不要不急の外出自粛要請は昨年8月以来。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集