玄海原発 特重施設、電源盤が火元と推定 九電「ケーブル挟まり傷」 /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 九州電力は26日、玄海町で開かれた県原子力環境安全連絡協議会で、玄海原子力発電所(玄海町)で昨年相次いだ事故や火災3件の調査状況を報告した。

 テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」で11月に発生した電工ドラム付近の火災については、ケーブルを巻き取るドラムの上約1メートルに位置する仮設電源盤が火元と…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

ニュース特集