連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

植物の力でコロナワクチン開発 遺伝子操作で短期間に生産

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
植物でワクチンを作る
植物でワクチンを作る

 植物を育てて新型コロナウイルスに対抗する――世界初のワクチンが昨年12月、カナダで承認申請された。ウイルスに似た粒子を植物に作らせ、収穫した植物から抽出して抗原とする。短期間での大量生産、冷蔵輸送が可能になると期待される。その仕組みに迫った。

 温室に茂る緑の葉。収穫する人が白衣姿でも、ここが「ワクチン製造工場」とは考えづらいかもしれない。植物でヒト用ワクチンを作る研究開発を、田辺三菱製薬の子会社メディカゴ(カナダ)が進めている。実用化すれば世界初だ。同社の新型コロナワクチンは、昨年世界6カ国で最終的な臨床試験が終了し、71%の有効性が得られたと発表された。カナダでは12月に承認申請し、今年度内の供給開始を目指す。日本でも臨床試験を実施中だ。今春にも厚生労働省に承認申請し、2022年度中の実用化を目指している。

 ワクチンは感染症への免疫を得るために病原体やその一部を接種するもので、さまざまな種類がある。新型コロナの流行で初めて実用化された「メッセンジャー(m)RNAワクチン」は、ウイルスの設計図である遺伝情報のmRNAを投与するもので、それに基づいて体内で作られたたんぱく質が、免疫を作り出すための抗原になる。植物由来ワクチンは、遺伝子操作した生物によって病原体と大きさや外部構造がそっくりな「ウイルス様粒…

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文2137文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集