特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「原発事故との因果関係明らかにしたい」 甲状腺がん患者が東電提訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東電への損害賠償を求める訴訟を起こし、記者会見する原告の女性(右端)=東京都千代田区で2022年1月27日午後2時44分、小川昌宏撮影
東電への損害賠償を求める訴訟を起こし、記者会見する原告の女性(右端)=東京都千代田区で2022年1月27日午後2時44分、小川昌宏撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんになった17~27歳の当時福島県内に住んでいた男女6人が27日、発症は原発事故による被ばくが原因として、東電に計6億1600万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。「声を上げられない他の患者のためにも、因果関係を明らかにしたい」。原告の女性(26)が取材に応じ、提訴に込めた思いを語った。

 「原発が爆発した!」。東日本大震災が起きた翌日の11年3月12日午後。福島県の中通り地方に住み、当時中学3年生だった女性は、祖母から伝えられた。どれだけ危険なのかぴんとこなかったが、母親は「危ないから家の中にいて」と慌てた様子で告げた。それから、近くの畑の野菜や井戸水は口にしなくなった。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1201文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集