「清く、正しく、たくましく」 存続の危機乗り越えたOSKの雑草魂

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
OSK在籍時の思い出を語る元トップスターの桜花昇ぼるさん(右)と高世麻央さん=大阪市中央区で2022年1月9日午前10時22分、反橋希美撮影
OSK在籍時の思い出を語る元トップスターの桜花昇ぼるさん(右)と高世麻央さん=大阪市中央区で2022年1月9日午前10時22分、反橋希美撮影

 「清く、正しく、たくましく」。宝塚歌劇の有名な教えをもじり、こう称される「OSK日本歌劇団」(大阪市)。2月5日から創立100周年記念公演が開かれる。ステージでは華やかな夢の世界を見せながら、劇団員たちは泥臭い「雑草魂」を隠さない。それは、親会社の支援打ち切りで一時は解散し、涙を流した過去があるから。当時を知る元トップスターの桜花昇ぼるさん(在任期間2008~14年)と高世麻央さん(同14~18年)に当時のことや、1世紀も守ってきたOSKの魅力を聞いた。

高世さん「男役に憧れ」

 ――歌劇といえば、関西には宝塚歌劇もあります。なぜOSKを志したのでしょう。

 桜花 私は奈良県斑鳩町出身で、母に「あやめ池円形大劇場」(奈良市にあった当時の本拠地)によく連れていってもらいました。芸能界に入る夢を抱くようになって、昔から見ていたOSKを自然に目指すようになりました。

 高世 歌劇の「男役」に憧れたのが始まりです。関東出身なので初めて見たのは宝塚でしたが、映像でOSKの公演を見た時に、群舞力の素晴らしさに感動しました。

 ――桜花さんが入団10年目、高世さんは7年目だった02年、当時の親会社だった近鉄が「支援打ち切り」を発表します…

この記事は有料記事です。

残り2470文字(全文2985文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集