館林と板倉の合併協議会 存続可否決定、先送り /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 館林市と板倉町が2019年1月に休止した法定合併協議会について、館林市の多田善洋市長は27日の定例記者会見で、協議会存続の可否決定を先送りする考えを明らかにした。両市町は休止から「おおむね3年程度」をめどに協議会を存続させるかどうかを議論することにしており、決定時期が迫っている。

 「合併協議を続けるべく、板倉町と接触しているのか」との質問に、多田市長は「昨年12月21日と今月21日に板倉町長と面談したが、ま…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

ニュース特集