連載

くすのき

佐賀県内に拠点を置く記者たちのコラムです。日々の取材で感じたことをつづります。

連載一覧

くすのき

頼もしい18歳 /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 昨冬、鹿島市の被爆者、木原繁義さんの訃報を知った。83歳。生前、市内の被爆者3人と協力して長崎原爆の日(8月9日)に追悼式を開いてきた木原さん。最後の式となった2020年、記者(26)に「あなたみたいな若い人は来んね」と寂しげに語った。

 今、木原さんに「若い人も頑張っていますよ」と伝えたい。国内外…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集