特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ オミクロン株 抗体薬、効果弱まる 東大医科研など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」ではデルタ株と比べて、ウイルスが細胞にくっつくのを防ぐ抗体薬の効き目が弱まるとの結果を、東京大医科学研究所と国立感染症研究所の研究チームがまとめた。体内でウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス薬は同等の効果がみられたという。

 26日付の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン電子版に掲載された。河岡義裕・東大特任教授(ウイルス学)らのチームは培養細胞を使った実験で、既存のコロナ治療薬の効果を調べた。

 抗体薬はウイルスが細胞にくっつくのを阻害し、体内での増殖を抑える働きがあり、抗体カクテル療法に使う「ロナプリーブ」などが日本でも承認されている。実験の結果、ロナプリーブがオミクロン株の増殖を抑える効果は、デルタ株に対する効果の5261分の1以下と著しく弱かったという。別の抗体薬「ソトロビマブ」も約3分の1の効果に弱まっていた。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文685文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集