特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン氏、米回答「懸念考慮されていない」 仏首脳と電話協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領とフランスのマクロン大統領は28日、ウクライナ情勢などについて電話協議した。露大統領府によると、プーチン氏は北大西洋条約機構(NATO)の東方不拡大というロシアの提案を拒否した26日の米国とNATOの回答について「ロシアの原則的な懸念が考慮されていない」と指摘。回答を精査した後に「今後の行動を決める」と伝えた。

 マクロン氏はプーチン氏に対し「周辺国の主権を尊重すべきだ」と強調した。ロイター通信などが仏大統領高官の話として報じた。プーチン氏は「侵攻計画はなく、フランスやその同盟国と対話を継続したい」と述べたという。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文426文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集