特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

九州国際大付、11年ぶりの選抜高校野球 「持ち味の打力見せたい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州大会の長崎日大戦で満塁本塁打を放った九州国際大付の佐倉俠史朗=平川義之撮影 拡大
九州大会の長崎日大戦で満塁本塁打を放った九州国際大付の佐倉俠史朗=平川義之撮影

 第94回選抜高校野球大会の選考委員会が28日、オンラインで開かれた。

 11年ぶり3回目の出場を決めた九州国際大付(福岡)は昨秋の県大会、九州大会は11試合で116得点。九州大会は4試合6本塁打の猛打で制し、明治神宮大会は4強に勝ち上がった。

 打線の中心は1年生で4番を打ち、九州大会で2本塁打、明治神宮大会でも一発を放った佐倉。甲子園でも強打者として注目されるのは間違いない。マスクをかぶりながらマウンドにも立ち、5番を打つ主将の野田が大黒柱だ。1番の黒田も長打力がある。

 センバツは準優勝した2011年以来。野田は「持ち味の打力を見せたい。優勝目指して一日一日取り組む」と力を込めた。【成松秋穂】

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集