1月連ドラ記者座談会/下 圧巻、毎田の「妻ぶり」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
妻、小学生になる。(TBS系)
妻、小学生になる。(TBS系)

 1月放送開始の民放ドラマを見た記者による座談会。3週連続の最終回の今回は4作品を取り上げる。TBS系「妻、小学生になる。」では、小学生となった妻を演じる毎田暖乃の演技を絶賛する声が多かった。

松本、抜けたキャラが新鮮/謎の医師、浜辺にしっくり

 ――「妻、小学生になる。」はタイトル通り、事故で亡くなった新島貴恵(石田ゆり子)が、小学生の白石万理華(毎田)として生まれ変わる話。貴恵を亡くしてからゾンビのようになってしまっていた夫圭介(堤真一)と娘麻衣(蒔田彩珠)が生きることに再び向き合うホームドラマだね。

 T 毎田の演技が圧巻! 家族や家庭に目配りできる大人の女性にしか見えないし、話し方など貴恵に似ているところがあって、演技プランを緻密に組み立てたんだろうなと感じた。

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1967文字)

あわせて読みたい

ニュース特集