特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 濃厚接触、保育士ら待機5日目解除 一般は7日間 政府決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は28日、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の待機期間について、介護や保育など社会機能の維持に必要とされる特定の職種につく人(エッセンシャルワーカー)は2回の検査で陰性の場合5日目で解除することを決めた。それ以外の一般の人は10日間から7日間に短縮する。岸田文雄首相は同日、首相官邸で記者団に「感染拡大防止の一方で、社会経済活動の維持のバランスを取る必要がある」と説明した。

 変異株「オミクロン株」の感染急拡大で、政府は今月14日に濃厚接触者の待機期間を見直したばかり。その時の見直しでは、当初14日間だった待機期間を10日間に変更。警察や消防、介護、保育など自治体が社会機能の維持に必要と判断した職種について、6日目か7日目の検査で陰性となった場合は解除することにした。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文722文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集