特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第94回選抜高校野球 各地区の選考過程

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <2022 第94回センバツ高校野球>

北海道 枠1、候補4

 北海道大会を制したクラーク記念国際が選ばれた。変化球を要所に決めて2完投を記録した左腕・山中、力強い速球を武器に好投した右腕・辻田の二枚看板を中心に、5試合を4失策にまとめた堅実な守備が評価された。2年連続準優勝の旭川実が補欠1位、4強で好投手・門別を擁する東海大札幌が同2位に回った。

東北 枠2、候補15

 東北大会2強が順当に選出された。初優勝を果たした花巻東は、注目の1年生スラッガー・佐々木麟、主将の田代を中心とした抜群の得点力を誇る。鍛え上げられた守備など、甲子園でも上位を狙えるレベルと判断された。技巧派のエース万谷、サイドスローの工藤など投手陣も多彩。準優勝の聖光学院は粘り強さがあり、小技や機動力を駆使して積極的に次の塁を狙う姿が評価された。エース佐山は制球が良くキレのある直球を投げる。主将の赤堀を中心にまとまりが良く、チームの完成度も高いとされた。

関東・東京 枠6、候補20

 関東は昨秋の地区大会4強を順当に選出した。優勝した明秀日立は3試合で25得点と切れ目ない打線の集中打が光り、長打力も発揮した。準優勝の山梨学院は打率6割超をマークした1番・鈴木斗を中心につながりのある打線が買われた。防御率1点台と安定した右腕・榎谷の評価も高かった。他の4強勢では、木更津総合のエース右腕・越井の完成度の高さが評価された。140キロ超の直球と切れのあるスライダーをテンポ良く投げ込む。宮城、金田の左右の継投で勝ち上がった浦和学院も選出された。

 東京大会を制した国学院久我山は、決勝で九回2死から2点差を逆転する勝負強さが認められた。目前で優勝を逃した二松学舎大付と、関東大会8強の中で個々の能力の高さが認められた東海大相模との比較で6校目を選考。巧みな投球術を誇るエース左腕・布施の安定感などを評価し、二松学舎大付を選んだ。関東・東京の両地区を比較する1枠が東京地区から選出されたのは5年ぶり。前回センバツ王者の東海大相模は関東の補欠1位に回った。

東海 枠2、候補13

 昨秋の東海大会で優勝した日大三島を1校目に選出した。エースで4番の松永はどの球種も勝負球にできる精度を持ち、打線も広角に打てる1番・京井や3番・池口ら上位を中心に、下位まで切れ目がないと評価された。

 2校目は東海大会で準優勝の聖隷クリストファー、4強の大垣日大を比較検討した。甲子園で勝てるかどうかを判断の基準にし、投打両面で個々の能力が高い大垣日大が選ばれた。左腕・五島と右腕・山田渓はともに安定感があり、4番・西脇を軸に鋭いスイングの打者がそろっていると評価。東海大会で好投手を擁した静岡を打ち崩し、激戦区の愛知の1位校だった享栄も接戦の末に降したことが評価された。聖隷クリストファーは逆転勝ちを重ねるなど粘り強さが高く評価されたが、投打で大垣日大が勝るとされた。補欠校は聖隷クリストファー、至学館の順となった。

甲子園で勝つ力 大垣日大を選出

 出場枠が2の東海では、2021年秋の東海大会で4強の大垣日大(岐阜)が選ばれた。準優勝した聖隷クリストファー(静岡)は補欠校になった。

 東海地区の鬼嶋一司委員長は、選考委員会後のオンライン記者会見で「大垣日大が投手力で上だった。春先は特に投手力でチーム力に差が出る。どちらが甲子園で勝てるのかを考慮した」などと理由を説明。最初に選ばれた日大三島(静岡)との地域性の兼ね合いについては「考慮していない」とした。【伝田賢史】

北信越 枠2、候補15

 北信越大会優勝の敦賀気比がまず選ばれた。右腕・上加世田は最速144キロの直球を軸に緩急を付けた投球が持ち味。全4試合に先発し、決勝では11安打を浴びながら無失点で乗り切る粘り強さも見せた。打線も上加世田を中心につながりが評価された。2校目は準優勝の星稜。決勝こそ0―6で敗れたが、接戦を勝ち上がった勝負強さが買われた。141キロ右腕のマーガードのほか下級生投手の成長も期待できると判断された。

近畿 枠7、候補17

 近畿大会4強がまずは順当に選ばれた。優勝した大阪桐蔭は1年生左腕・前田の強気な投球と攻守の要となる捕手・松尾に加え、打線は下位まで切れ目がなく、総合力が高いと判断された。公立校ながら決勝進出を果たした和歌山東は、角度のある直球とキレのある変化球を投じる右横手・麻田の投球術、天理は横手気味に投法を変えた南沢の好投と、持ち前の長打力が評価された。金光大阪は古川―岸本のバッテリーを中心に粘り強さが選出につながった。

 5校目には昨夏の甲子園4強を経験し、左腕・森下が投打の軸となる京都国際が決まった。残る2枠については市和歌山、東洋大姫路、近江で議論。市和歌山は右腕・米田が140キロ台の直球と多彩な変化球で完投能力が高く、堅実な守備力で和歌山1位校として近畿大会で1勝を挙げたことが評価された。7校目は準々決勝で0―5と大阪桐蔭に敗れたが、伝統の守り勝つ野球が浸透し、絶対的なエース右腕・森に安定感があった東洋大姫路に決まった。

中国・四国 枠5、候補29

 中国地区は広陵と広島商、四国地区は高知と鳴門が最初に選ばれた。中国大会優勝の広陵はエース右腕・森山を中心に4試合4失点と抜群の安定感が評価された。準優勝の広島商は4試合で23得点と好機の集中打で大量得点し、継投で粘り強く戦った。四国大会優勝の高知は内野手兼任の右腕・山下を中心に継投で試合を作り、好機で畳み掛ける打撃力が光った。準優勝の鳴門はエース左腕・冨田が四国大会2試合完投と投手力が評価された。

 中国、四国両地区を合わせた5校目は、中国大会3試合で21得点の倉敷工と制球力の高い左腕・吉村を擁する明徳義塾を比較。倉敷工の攻撃力に評価が集まり、地域性も考慮された。補欠校は中国が岡山学芸館と下関国際、四国は明徳義塾と徳島商がそれぞれ選ばれた。

九州 枠4、候補16

 九州大会の4強が順当に選ばれた。優勝した九州国際大付は九州大会の準々決勝、準決勝をコールド勝ち。大島との決勝も12―6と大勝するなど強さが際立った。エース左腕・香西、強打の捕手・野田を中心に投打のバランスが良く、九州大会の全4試合を通じて無失策の堅守も評価された。準優勝の大島は左腕の大野が九州大会1回戦の引き分け再試合を含む3試合を完投。準決勝では打線が最大5点差を逆転するなどの粘り強さも認められた。

 4強の有田工は九州大会1回戦、準々決勝を完封した右腕・塚本の投手力などが評価されて3番目。4強の長崎日大は強力打線に加え、右腕の種村、左腕の川副の二枚看板が強みと判断され4枠目をつかんだ。

あわせて読みたい

ニュース特集