連載

東京メトロ裏側探検隊

日々通勤通学で利用する人も多い東京メトロ。鉄道素人の女性写真記者が、動画カメラマンと地下鉄の裏側を探検します。

連載一覧

東京メトロ裏側探検隊

地下鉄なのに踏切? 最古の車両基地の「ほこり」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
上野検車区にある東京メトロ唯一の踏切を通過する銀座線の車両
上野検車区にある東京メトロ唯一の踏切を通過する銀座線の車両

 「東洋唯一の地下鉄道」をキャッチコピーに現在の東京メトロ銀座線の浅草―上野間が開通したのは戦前の1927年のこと。その車両基地が東京・上野にあることをご存じだろうか。第3回の「東京メトロ裏側探検隊」の舞台は、メトロ最古の車両基地「上野検車区」(東京都台東区)。探検すると、地下鉄なのに踏切があったり、前々回の東京オリンピックが開催された64年に造られたレールが今も使われていたり……。メトロの歴史が次々に飛び出してきた。【北山夏帆】

地下にも広がる車両基地

 上野にある東京メトロの本社ビルから徒歩5分。広報担当者に案内されて、銀座線の車両基地「上野検車区」に到着した。

 検車区入り口の建物の5階に上がると、今回の案内人である統括車両係、箱崎舜大郎さん(29)が待っていた。「まずは、外階段上から検車区をご覧ください」。探検のスタートである。

 高所恐怖症の私は、金属製の階段から恐る恐る眼下の検車区を眺める。銀座線を示す黄色い車両がずらりと並ぶ基地が一望できた。車両の拭き掃除をしている検車区員の姿もある。どの電車もピカピカに光っていた。

 「今見えているのが基地の全てではない…

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1960文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集