鴻巣で市名の由来・コウノトリの公開始まる 「空」「花」と命名

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ケージの中で寄り添う「空」(右)と「花」=埼玉県鴻巣市で2022年1月29日午前11時22分、隈元浩彦撮影
ケージの中で寄り添う「空」(右)と「花」=埼玉県鴻巣市で2022年1月29日午前11時22分、隈元浩彦撮影

 市名の由来でもある、コウノトリの里づくりを目指す埼玉県鴻巣市の拠点施設、野生復帰センター「天空の里」(同市明用)の一般公開が29日、始まった。開所にあたり、飼育されている「つがい」について、オス(18歳)が「空(そら)」、メス(6歳)が「花」と命名された。

 コウノトリの繁殖と放鳥を目指す全国4番目の施設として整備された。ケージ…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集