連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

上白石萌音 舞台大好き、生きている感じ 「千と千尋の神隠し」でヒロイン役

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=宮武祐希撮影
=宮武祐希撮影

 宮崎駿監督の人気アニメ映画の舞台化「千と千尋の神隠し」で、ヒロインの千尋を橋本環奈とダブルキャストでつとめる。3月2~29日の東京・帝国劇場を皮切りに全国で上演が予定される。ジョン・ケアード演出。

 引っ越し先に両親と向かっていた少女・千尋はトンネルから異界に迷い入る。豚に変えられた両親を救いだそうと、千という名で神々が顧客の銭湯、油屋で働き出す。

 映画の公開は2001年。7歳で初めて見た時は、両親が豚に変わる場面が怖くて号泣したという。だが、千尋を演じるにあたって見返す間に作品の受け止め方が変化したと話す。「名前がテーマだと気づきました。本当の名前を忘れてしまうと元の世界には帰れない、というのがキーです」

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1205文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集