ふるさと納税急伸 大網白里市、4億円以上増収 返礼品のコメにお得感 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
返礼品として現在も人気で上位となっている千葉県大網白里市のコメ=ふるさと納税サイト「さとふる」より
返礼品として現在も人気で上位となっている千葉県大網白里市のコメ=ふるさと納税サイト「さとふる」より

 大網白里市への2021年度のふるさと納税の寄付額が、12月末までに前年度の7倍にあたる8億8361万円に急伸し、県内自治体のトップクラスに躍進する見通しになった。市外から集まる額より市外への寄付額の方が多い「流出超過」だったのが一転、経費を除いて4億円以上の増収になるという。要因は返礼品のコメにあった。ブランド米があるわけでなく「コメどころ」のイメージも薄いのだが……。

 財政難の市は、緊急財政対策として20年度からふるさと納税に本腰を入れてきた。掲載ポータルサイトを増やし、返礼品の種類や数の充実を図った。2000万円前後だった寄付額は同年度には1億2371万円となり、今年度はさらに加速した。市担当者は「希望する返礼品の9割以上がコメ。20年度に提供する事業者に返礼品の価格見直しを促してから伸びてきた」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文995文字)

あわせて読みたい

ニュース特集