連載

患者塾

体の不調やさまざまな病気について、福岡県内の開業医が解説や対処のアドバイスをします。

連載一覧

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 薬が足りない/中 小野村健太郎塾長と吉田哲郎さんが対談 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
吉田哲郎さん
吉田哲郎さん

 ■今回のテーマ 薬が足りない

 第258回患者塾「薬が足りない」の2週目は、心不全や高血圧の治療薬の不足と医療現場の対応状況を取り上げる。処方薬が変わることは不安も感じるが、考え方次第で患者自身が生活習慣を改善するきっかけにもなり得る。小野村健太郎塾長と、遠賀中間医師会おんが病院(福岡県遠賀町)の吉田哲郎・循環器内科部長が対談形式で解説する。【まとめ・青木絵美】

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2028文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集