政府、大学ファンドの制度設計決定 10兆円規模、24年度支援開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=本社ヘリから
首相官邸=本社ヘリから

 政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI、議長・岸田文雄首相)は1日、大学の研究支援のために創設する10兆円規模の「大学ファンド」について、支援先の要件など制度の仕組みを決定した。支援校は数校から開始し、名称は「国際卓越研究大学」とした。2021年度末にも資金の運用を始め、運用益の目標額は年3000億円と見込む。支援校は23年度までに公募で選定し、24年度から1校当たり年間数百億円を支援する計画。支援校は段階的に増やすという。

 大学ファンドは、長引く日本の研究力低迷の打開策として政府が「異次元の政策」としている。ファンドは国立研究開発法人の科学技術振興機構(JST)内に設置する。支援校の名称は、昨年公表した制度の骨子案では「特定研究大学」としていたが、世界最高水準の研究大学を目指すことを強調するため変更された。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文780文字)

あわせて読みたい

ニュース特集