2023年の春分は3月21日 国立天文台が暦要項を発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国立天文台は1日付の官報で、2023年の春分の日を3月21日、秋分の日を9月23日とする暦要項を発表した。23年は日食が2回、月食が1回起きる。

 天文台によると、日本では4月20日に太陽の一部が月で隠され部分的に欠けて見える「部分日食」が関東から近畿の南部と、四国や九州の南部で見られる。10月29日には、月の一部が地球の影に入り、欠けて見える「部分月食」が全国で観測できる。10月15日の日食は日本では見られない。

 …

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文276文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集