自民、異例の分裂で情勢混沌 長崎知事選告示、過去2回と構図一変

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立候補者の演説を聞く聴衆=長崎市で2022年2月3日、中山敦貴撮影
立候補者の演説を聞く聴衆=長崎市で2022年2月3日、中山敦貴撮影

 3日告示された長崎県知事選は、現職と新人2氏が立候補した。自民県連の支持が現職と新人で割れる異例の分裂選挙。与野党相乗りで現職が大勝した過去2回から構図が一変する中、各陣営が選挙戦をスタートさせた。

 今回の知事選で、自民は現職の中村法道氏(71)と、県連が推薦する新人で医師の大石賢吾氏(39)=維新推薦=で支援が分かれる。知事選で自民が分裂するのは4選を目指した党公認の現職を元参院議員が破った1970年以来。この日の両陣営の第一声に自民所属の県議が姿を見せるなど、情勢は混沌(こんとん)としている。

 「3期12年間、人口減少対策などに力を注いできた」。中村氏は長崎市中心部の公園で第一声を上げた。新型コロナウイルス対策に専念するため、表だった選挙活動はしないと公言していたが、関係者によると「分裂選挙の中で、あいさつなしでは済まされない」との陣営の意向でマイクを握った。応援弁士は「心ある自民党議員、団体が知事を支援している」などと力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文721文字)

あわせて読みたい

ニュース特集