コロナの鬼を退治するニャ 芦ノ牧温泉駅で「猫駅長」2匹が豆まき

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 節分の3日、「猫駅長」で知られる会津鉄道芦ノ牧温泉駅(福島県会津若松市)の2代目名誉駅長「らぶ」とアテンダントの「さくら」が、新型コロナウイルスの収束と鉄道の安全運行を願い、豆まきをした。

 2匹は、並べられた落花生を駅員と一緒にまいていた。同駅は変異株「オミクロン株」が流行し始めた年明けから、週末…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

ニュース特集