大迫力の虎が災いガブリ 熊本・加藤神社の節分祭で「虎くぐり」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
節分祭で「厄除け虎くぐり」の後、記念撮影する参拝者
節分祭で「厄除け虎くぐり」の後、記念撮影する参拝者

 節分の3日、熊本市中央区本丸の加藤神社で節分祭があった。境内には虎の口をくぐり抜ける「厄除(やくよ)け虎くぐり」もあり、参拝客が無病息災を祈った。

 虎くぐりは、神社の祭神、加藤清正公の虎退治伝説にちなみ、1993年から設置。虎の霊力や生命力にあやかり、顔をかたどった木製板の口(高さ約70センチ)を…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

ニュース特集